« 「将来の職業・・・知らねーよ!」と荒れていた高校時代 | ホーム | そして私は医師になりました・・・ »

2013年10月10日

ちゃんと職業について考え始めた頃でした。大学時代

大学に入るとそれまでとは打って変わってバックグラウンドの違う

様々な人たちと出会う事が出来ました。

経済的に恵まれて、留学をくりかえす会社社長の息子さんや

奨学金とアルバイトでお金を稼ぎ、と根性でキャンパスライフを維持している同級生もいました。

英語をメインに扱う学部だったので、ハーフや帰国子女とも知り合いました。

そんな多くの人との出会いの中で

私が痛烈に感じたことは

「自分はこのままじゃだめだ」という事です。

今までのような「よくわかんない」みたいな事を言い続けていたら

あっという間に4年間が過ぎてしまって、後で後悔することになる。

いまだに将来何になりたいかはわからないけれど、できることは全部やっといたほうがいい

と思うようになりました。

今のままでは、どの会社の人も自分を選ばないだろうなという危機感も感じていました。

 

それからは意識的に自分の行動範囲を広げました。

資格もかたっぱしからトライしました。

どの職業に必要な資格かはわからないけれど、勉強を通して「向いてる」とか「こりゃだめだ」という

ような事が感じられたので収穫はあったと思います。

 

アルバイトもできる限りトライしました。

おそらく4年間で10種類以上のアルバイトを経験したと思います。

アルバイト代をためて留学、その繰り返しであっというまに4年間が過ぎたと思います。

4年間を通して、私はようやく将来につながる感覚をつかめました。

・人と接するのが好きだ

・じっとしていることは苦手だ

・パソコンは得意だ

・英語はやっぱり好きだ

・お金を扱うのは苦手だ

・体を動かすことも、大量に暗記をすることも苦にならない

この、自分の感覚と、4年間でとった資格を手に、就職活動を始めることとなりました。