« 美男子に生まれて得すること、損すること・・・ | ホーム

2015年5月28日

戦力外の恐怖・・・プロ野球選手の光と影・・・

男の子なら誰でも憧れるプロ野球選手。

自分が好きなスポーツを職業にすることができ、イチローのように海外で活躍できる選手は一般のサラリーマンとは比べものにならないほどの金額を稼ぐことができる、まさに夢のような職業です。

しかし、一軍のエースとして長い期間活躍できるのは選手のなかでもごく一部で、学生時代どんなにすごい選手でも故障やスランプなどで試合に出る機会がなくなる選手も数多くいます。そうなると、職業としては不安定な時期が続き精神的なストレスも相当なものです。

それを支える家族も活躍できる時期は周りからも羨ましがられるものの、ダメになると途端に陰口や嫌味を言われることだってあります。そんな良いことばかりではない野球選手で光と影が付き物です。

テレビ番組などでも以前活躍していた野球選手のその後を追うドキュメンタリーなどがありますが、それを見ると誰もが虚しさを感じるはずです。

最高潮の時に結婚し、すぐに怪我や負傷から二軍落ち、そして球団からの戦力外通告・・・当然たくさん収入がある時期に結婚をしているのですから、それに合わせて豪華な暮らしを楽しんでいたはずです。それが急に収入が半分以下、そして無職になるなんて誰も想像できないのです。本来は、浮き沈みが激しく稼げる時期は短いと考えておかなくてはならないのですが、いざたくさんのお金を手にすると、それがなくなるなんて考えられないようです。

野球選手としての仕事がなくなった旦那さんを奥さんが献身的に支える場合もありますが、金の切れ目が縁の切れ目なのか離婚する夫婦も少なくありません。プロ野球選手になるくらい野球に打ち込んできた人は、勉強も遊びも犠牲にしてきた人が多く、野球以外何もできないという人が多いようです。ですから、無職にになってもできる仕事がなく今までスターだった人が人の下で働くことも難しいようで、前年度の収入によって決まる所得税が払えない人もいるようです。

このように考えると戦力外の恐怖に常にさらされ精神的にも大変な職業だということが分かります。だからこそ、その厳しい環境で活躍できるスター選手に多くの人たちが憧れを抱くのかもしれません。